消費者金融と銀行カードローンの違い

消費者金融

相談窓口

消費者金融は銀行のカードローンよりも審査が比較的緩やかで、即日融資など審査時間も短く、急いで融資を受けたい方にお勧めできる商品です。消費者金融の中でもアコムやプロミス、モビット、ノーローンなどは銀行グループの消費者金融で安心して利用ができます。銀行に比べて審査は緩やかですが、やはり銀行グループでない消費者金融に比べると審査は厳しい部分があります。
しかし、サービス内容は充実していますし、利用できるATMなども多くあります。金利も低く、公式サイトからアクセスできる利用者専用のページでは各種設定や照会などが好きなときに利用ができます。

 

ハローハッピーやアスカ、ユニーファイナンス、キャレントなど知名度こそ低いものの、これらも消費者金融で昔からある老舗の消費者金融もあります。信頼と実績があるからこそ、大手でなくてもこの業界で長くくつづけられているということなので、安心して利用ができます。銀行グループの消費者金融と違って、細かなサービスなどが期待できませんし、限られた地域のみでの利用など、とっても便利とはいえませんが審査が緩く他社で借入があったりしても審査に落ちにくいです。

 

消費者金融は基本的に収入のある人にしかお金を貸すことができません。これは賃金法の一部である総量規制の仕組みによって決まっています。年収の3分の1までの借入しかできないのが消費者金融ですから、収入のない人には貸付ができないという事になります。なので利用したい場合はパートやアルバイトでもよいので、働くことから考えてください。大抵の消費者金融がパートやアルバイトでも申し込みは可能です。正社員でないと申し込み不可な消費者金融のカードローンはあまりないです。

 

 

銀行カードローン

銀行

銀行のカードローンは3代メガバンクの銀行みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行などを始めとする大手銀行、りそな銀行、新生銀行などがカードローンを商品として取り扱っていますし、最近では各地方銀行でもカードローンはあります。もちろん、人気があつまっているネット銀行のオリックス銀行や楽天銀行などもカードローンがあります。信用金庫も取り扱っています。

 

銀行のカードローンは人気が高く、特に安心して利用ができることに価値があります。また、自分がよく使っている口座であればカードローンの返済もその口座から引き落としにできるのでわざわざ振込をしたり面倒な手続きをしないで良いです。また、手持ちのキャッシュカードにカードローンの機能をつけるだけで良いというカードローンもあり、専用のローンカードがお財布に1枚増えることもなく便利に活用ができたりと、細かい点までサービスがあります。

 

審査は消費者金融よりも厳しいですし、時間がかかることがあります。もちろん、即日融資という商品もあるので急いで融資を受けたい場合には即日融資が可能な商品を選んでください。
銀行のカードローンは万が一の備えとしても良いです。特に今は必要ないけど、万が一の為に限度額を低くしてお財布に忍ばせておくと便利なカードなので、信頼のある銀行のカードローンを申し込みしておくという人も多く、いざというときに消費者金融系のカードローンがお財布から出てくるよりも銀行のカードローンの方が格好いいですから、そういった意味でも作っておくと良い商品です。

 

また、賃金法が適用されないのが銀行のカードローンでなので、収、入のない専業主婦でも申し込みができますし、年収の3分の1以上の借入も可能です。専業主婦の場合は30万円から50万円が利用限度額でカードローンを持つことができますし、年収の3分の1以上の借入ができるのでおまとめローンなどで今ある借入を1つにまとめて返済を楽にすることもできます。

 

 

その他サービス内容などの違い

 

金利や融資速度などは消費者金融も銀行もさほど開きがないのが現状です。以前は銀行のカードローンのほうが金利が安く、人気も高かったのですが、消費者金融も銀行と金利がだいたい同じぐらいになってきているので後は好みで選ぶというのが良いかもしれません。
即日融資にかんしては、やはり消費者金融の方が早いです。これは審査時間に違いがあります。保証会社が関係してくるのですが、簡単に説明すると消費者金融は基本的に保証会社がその会社(アコムだったらアコムが保証する)の場合が多く、自社だけの独自の判断で融資が可能です。しかし、銀行の場合は申し込みをした銀行と保証会社が別にありますから2つの審査を受けないといけません。(三菱東京UFJ銀行ならアコムが保証会社です。)1つと2つなら2つの方が時間がかかるということです。

 

その他、大きく消費者金融と銀行のカードローンが違うというのはあまりなくなってきています。賃金法が適用されるかされないか。が一番大きな違いとなりますが、借り入れするのに何か大きな変化があることもあまりないので、自分が利用しやすそうだと思った会社の商品に申し込みをしてみてください。