カードローン利用のメリット

カードローンって何の為に利用するの?なんて考えたことあると思います。クレジットカードで十分じゃない?と・・・確かに、クレジットカードで支払いをしていれば現金は必要ありませんが、こんなに便利になった世の中でもクレジットカード払いができず、現金のみで支払いをしないといけないものもあります。

 

そういったいざ!というピンチの時の為に。
カードローンが役に立ったりもします。

不安

現金でないと支払いができないものってなにか。
最近では食料品を購入するのにも、スーパーやコンビニでもクレジットカードを気軽に使うとこができるので、必ず現金というものをあまり目にしませんが、例えば病院。基本的に現金での支払いになります。それからご祝儀なども現金が必要です。お正月にはお年玉を用意したりするのも現金です。
都会のコンビニはあまりないかもしれませんが、田舎のコンビニや商店はクレジットカード払いができませんし、自動販売機でジュースを買ったり、駅の中のキオスクなども現金が便利ですね。また、電子マネーカードへの入金も現金で利用している方が多いはずです。
タクシーもクレジットカード払いOKとそうでないものもあります。
公共料金や税金を引き落としなどにしていないと、納付書で現金の支払いです。

 

現金が手元にないと、困ることって多くあります。

 

また、おまとめローンなどにも活用できるのもカードローンの魅力です。おまとめローンは数社から借入があり、返済日がバラバラだったり、金利が高かったりすると支払わないといけないお金がどんどん多くなってしまいます。それらを一つにまとめることによって、低金利で返済日も一ヶ月に1回になりますから、負担が少なくなり、早く借金返済ができるということになります。

 

カードローンの最大のメリットは自由に使える現金を、借り入れできるという事です。

嬉しい

基本的に、どの銀行・消費者金融のカードローンは「「使用用途自由(事業性資金を除く)」」が一般的です。なので、好きなようにお金を使うことができます。旅行や趣味などのお金に使っても良いですし、食費や生活費に。資格を取るための資金など、いちいち断ることもなく、自分の申し込んだ限度額以内で何度でもコンビニなどのATMで引き出しができる便利なカードです。
希望利用限度額にもよりますが、比較的申し込み方法も楽なのもポイントです。自動車ローンや住宅ローンなどのように様々な書類や見積書などを提出しなくても良いです。大抵の場合、身分証明書(運転免許証や健康保険証)のみで借入が可能です。しかも、収入のない専業主婦(夫)でも身分証明書のみで借入ができる商品もあり、配偶者の同意書なども不要です。

 

気軽に便利に活用ができ、様々な手続きの煩わしさがなく安心して利用ができるのがカードローンです。

 

商品にもよりますが、1000円単位で借り入れができて10万年単位で借入限度額を設定できます。なので借り過ぎを防止したり、本当に必要な分だけ借入ができるのもうれしいポイントです。
たまたま3000円だけ生活費が足りない・・・定期預金は崩したくないし。という時などなど。活用方法は自由ですから、気軽にキャッシュカードのように使うこともできます。

 

なので、限度額を低くして万が一の備えとして1枚お財布に忍ばせておくのも方法です。

 

カードローンは即日融資という商品もあり、「やばい」と思ったらすぐに申し込みをしてその場で借り入れすることもできますが、先にお気に入りの消費者金融や銀行を選んでゆったりとした気持ちで申し込みすると自分に合ったカードローンを見つけることができます。カードローンはもっているだけでも問題ありません。申し込みをしたから、必ず借入をしないといけないということもありません。ただ、作ったということと、カードローンをいくらの限度額でもっている、という事実だけ忘れないようにしないと万が一財布を落とした時などにカード会社に連絡ができない状態になってしまいます。