カードローン以外でお金を借りる方法

目的別ローンの利用

車の見積もり

最近は目的別ローンの種類も増えてきました。自動車ローンや住宅ローンは当たり前ですし、ブライダルローンや教育ローン、リフォームローン、旅行ローン、葬儀や介護、出産に家具家電など様々目的に使うことができるので、目的がはっきりとしていて、使い道が決まっているのであれば銀行などに相談してみるとよいでしょう。

 

公的融資の利用

公的融資を受けるには社会福祉協議会が主な窓口になっています。失業中の生活費や生活費全般、医療費や教育費などお金を工面できない状況にあり、審査に通ると無利子又は低金利で貸付を受けることができます。もちろん、保証人も不要で借入できることもありますし、国が管理してくれていることなので安心して利用ができます。まずは社会福祉協議会に電話や窓口で相談してみてください。

 

お給料の前借り

務めている会社にもよりますが、どうしてもお金に困っているのであれば会社の担当者や社長にお給料日前に先に工面してもらえないか聞いてみるのも方法です。社風や社内規程などである程度決まっているかも知れませんが、生きるのにはお金が必要です。苦しむのであれば恥を忍んで、聞いてみることも大切です。

 

クレジットカードの現金化

クレジットカード

あまりおすすめできないのですが、クレジットカードのり用枠を現金化して資金を調達できます。違法性は現在ないとされていますが実質的な金利が法定利息を超えることも多く、その点では違法とされます。グレーな部分も多くクレジットカード現金化の業者はヤミ金融とのつながりもある可能性が多いとされています。

 

親、友人等に個人で借りる

本当に親しく、信頼できる相手ならお願いしても良いかもしれません。また、金額にもよります。しかし、信頼関係を失う可能性もありますから、注意してください。